歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ414.01

2019/01/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、左上6、外傷性咬合、歯牙破折 003642

この方、以前より、あちこちの歯が痛いと訴えられるのですが、
噛み締めているでしょう? 外傷性の歯根膜炎ですよ、と言ってもなかなか信じてもらえません。
自覚がない事が多いのが外傷性咬合の特徴。

それにしても多いです。
外傷性咬合で自分の歯を噛み割る方、いったいどうなっているのでしょうかね?

ま、年金資金も株という博打に突っ込んでいるという話だし、
老後が不安ですよね。。

前回の続きで、

http://mabo400dc.com/dental-treatment/今日の何やっているの?シリーズ414/

破折片を

実像

除去してみました。

実像
露髄しています。

歯肉縁下どころか、歯槽骨縁下で破折していました。
抜歯再植が必要か?と思っていましたが、破折片が思ったより小さかったので、CRで再建に切り替えました。
歯肉は電気メスで切除しています。

実像。
歯肉はCR充填ができるように深く切り下げています。
露髄していますが、
露髄していても歯髄は2週間以上感染もせず生きています。

歯科医学の常識では考えられませんよね?

α-TCPセメントで直接覆髄

実像

数回に分けてCR充填

実像

CR充填後
実像

歯肉が上がってくるように、控えめに包帯して、
抗生剤二日分投与

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.