歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ414.00

2019/01/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、左上6、外傷性咬合、歯牙破折 003642

この方、以前より、あちこちの歯が痛いと訴えられるのですが、
噛み締めているでしょう? 外傷性の歯根膜炎ですよ、と言ってもなかなか信じてもらえません。
自覚がない事が多いのが外傷性咬合の特徴。

表題画像は口蓋正中部の骨隆起だが、外傷性咬合の特徴の1つだ。
こんなに大きいのはそれほど多くはない。

舌背にも圧痕が付いている。

とうとう、年末の12/19に破折して、来院。
食渣が破折線に食い込んでいる。
噛むと痛いが我慢できないほどは痛くはないらしい。
すでに神経は死んでいるのかと思った。

CRを除去すると完全に割れているのが分かる。

年末でアポイントがタイトなところに、抜歯再植が必要なのかと思って、

α-TCPセメントとCRでそっとじして、

年明けを待った。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.