歯科医院長mabo400のブログ

どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?24

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在16歳だが、サッカー大好き少年で、6歳から地元のクラブチームに所属してサッカーを始めた。今は高校の部活でサッカーをやっている。三度の飯よりサッカーが好きで、いつも歯を食いしばって頑張っているそうだ。

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/young/どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?23/

この時から

6ヶ月後、14歳になったばかりの頃とうとう破折した。自発痛+。

破折したエナメル質がこれで、内部の象牙質は完全に失われている。これを見ても歯科医師は象牙質は酸に溶けやすいからと思い込んでいるので何も感じないのだが、理系の他分野の人間はなんか変だな?酸で解けるのならエナメル質だってもっと溶けるだろう。エナメル質は殻状になっても粗完全に残っているではないか?
これはもしや電気的腐食なのでは?と感じるはずだ。

歯学部を卒業すると完全に洗脳されてしまう。
歯学というのは100年以上前に思考停止しており、頑なにそれを守り続けていると言えば解りやすいのか?


これから実像と鏡像による画像をアップする。

こんなに後ろ半分が欠けてしまっても、露髄していても、神経を取らないでも良いとは、、?と世界中の歯医者は思うのだが、それも思い込みだ。全く問題なく歯髄も残存歯質も保存できる。

では実像から








鏡像





つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.