歯科医院長mabo400のブログ

今日の何やっているの?シリーズ411

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今夜はまだお正月が明けたばかりだというのに、春の嵐のような荒れ模様。どうなっているのでしょうか?

前回前々回と外傷性の虫歯からPerや歯冠破折になった症例が続くと思ったら、今日もまた同じような症例です。

40代男性、左上6番、歯冠破折、自発痛+

前回までは10代の若い子でしたが、今回は40代のおっさん、おっさんでも外傷性の虫歯や歯牙破折は起こります。

この方、2年前まではこの歯は健全でした。その時は後ろの7番の隣接面カリエスが痛いということで来院されています。痛い時にしか来られないので野戦病院状態の中での治療では、外傷性の虫歯に注意が向きませんでしたが、こう続くと色々と問診してみました。

この方、バレーボールをしている時噛み締めているようなのです。
まぁ、スポーツは歯に良くない。スポーツにはマウスピースが欠かせない。これは鉄則。

レントゲン写真では歯根しかない。通常の治療が難しい残根という状態になっていて、抜歯の診断でインプラントやブリッジの話をする歯医者は多いと思う。

ほとんど歯がない。頬側のエナメル質が壁のように残っているだけ。

軟化象牙質を除去し、根管内を超音波スケーラーのエンドチップで洗浄してみると、遠心根から出血した。ここだけ歯髄は活きている。

止血して接着マージン部分だけはしっかり健全歯質を出すが、他はあまり追求しないでも良い。α-TCPセメントで再硬化する。
破折線が見えると思う。いつか破折するだろうが、その時は抜歯再植するつもりだ。

2回法で根充というのか直覆というのか。。


ピンレッジドラウンドコアを築成して印象。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.