歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療429( 上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、左下5、CRの2次カリエス、自覚症状なし

かなり深い虫歯で軟化象牙質の蓋を取ったら露髄して出血したので、
かなり前から沁みるなどの症状が出ていたはずだが?
と訊いてみたが、特に何もなかったそうです。
ただ、2年程前に一時痛んだが、その時だけで、
その後は矯正治療や妊娠出産で、常に口の中が痛かったのでよく判らなかったという。

CRを除去しようとしてみると、CRが陥没した。
CR下が大きな虫歯になっていたようだ。

虫歯はかなり深く、歯肉縁下のカリエスで形成バーが

5mm以上深く入る。この段階で多くの歯科医師はCR充填を諦めると思う。

露髄部分の出血をボスミン液で止血して

抗菌剤入りα-TCPセメントで直接覆髄

2回法でCR充填した。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. より:

    こんにちは。虫歯を治療するタイミングは難しいですね。こういうの、レントゲンでわかるものなんでしょうか?レジンは仕上がりがきれいですね。

  2. mabo400 より:

    判ると思うのですが、担当医には指摘されなかったそうです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.