歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療459(上級編)

2020/01/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

とうとう第3次世界大戦が始まってしまって、もちろん日本も巻き込まれます。

イラン+中国+ロシアvsアメリカ+イスラエル+サウジアラビア

と言われています。

日本は原油の供給が半減し、かなりの経済的ダメージがあるでしょう。
緒戦はこう言ったところ。

15歳女子、左下6、Per

今日も外傷性咬合(開口系)による虫歯からPerになってしまった症例。
半年ほど前、痛くなった。それから腫れたということだった。

レントゲン写真では遠心根は完全に失活しているように見える。

咬合面から内部の象牙質が失われてしまうフッ素爆弾と言われる異種金属接触腐食が優勢な虫歯の形態だ。

先に上顎にナイトガードを装着したので、赤の咬合紙のインクが付着している。

内部の軟化象牙質を除去していくと遠心にはクラックが続いているのが見える。真ん中から近遠心的に割れるのだ。

遠心根は歯根先まで失活しているので、エンドチップが最後まで入る。麻酔は必要ない。
近心根はあえて触っていない。必要があれば同じように処置をする予定。


二回法でα-TCPセメントで直覆?根充?してCRで再建しようと思ったが、

薄くなったエナメル質が破折した。と言うか、ポロッと取れた。

特に慌てることもなく、このままCRで再建していく。

これで経過観察予定。一般的な根管治療とは大きく違うが、この方が予後が良い。根管はあっと言う間に根尖まで閉鎖する。

術後のレントゲン写真

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.