歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療473(上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、左上7、インレー脱離+2次カリエス

この元々健全歯質の少ない歯をインレー形成をするには大きくCRで裏装せざるを得ず、それくらいなら、最初からCRで再建した方が早いかもしれない。
しかし、ほとんどの歯科医師にはそれができない。経営的、技術的、保存学的、心理学的等、様々な縛りによりブレーキがかかってしまうのだ。
僕は臨機応変にことに当たるので、単一な治療方針に拘らない。治療方針も状況に応じて刻々変化していく。ゴッドハンドとよばれる脳外科医も同じことを言っていた。既存の器具がなければ作る。それはそうだと思うが、それから抜け出すのは意外に難しい。思いつくことは何でも実現できる技術レベルと既存の方法には囚われないオリジナリティーが必要だからだ。





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.