歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療474(上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、左上5、隣接面カリエス、自発痛+

6ヶ月前、硬いトウモロコシの粒を噛んだ時に割れて激痛、、
仕事もキャンセルして泣いて一夜を過ごした。
その後も食事のたびに穴に食べ物が食い込んで痛い。。

挟まっていた食渣・軟像を除去後、出血した。
歯肉を引っ掛けたか?露髄か?

露髄だったようだ(矢印部分)。半年も露髄したままでさぞ痛かったと思う。
露髄部分を止血してα-TCPセメントで直接覆髄してCR充填した。

何ヶ月も露髄したままの歯髄は感染しているので、そんなことして大丈夫なの?
歯科医学の常識では有り得ないんじゃないの?
神経を取るしかないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。
ある条件下では可能なのです。
歯科医学の常識が誤っていたのです。

では時系列で。







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.