歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療489(超上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、右上7、外傷性のカリエス。

日本中がいや世界中がストレスに覆い尽くされている。この方も始終食いしばって何とか生きているのだ。

外傷性の咬合により歯茎部に応力が集中するので、応力腐食割れと同じタイプの虫歯になる。
もちろん咬合面の歯質もCRにも微小なクラックが入り割れる。

補強冠を入れようと思うが、その前処置だ。
通常は難しいので誰もしようと思わない超絶技巧系のCRによる歯冠修復だ。
CRが最小侵襲性が最も高い。

鏡像と正象に分けてアップする。

正象



鏡像




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.