歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療493(上級編)

2020/07/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、右上5、インレー脱離後放置3か月

この症例はこの充填治療中の止血待ちの間にした2本の歯の内の1本だ。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/dental-filling/今日の充填治療492(超々上級編)/

ブラキシズム(就眠時の歯ぎしり、食いしばり等)があるので、クラック(ヒビ)から虫歯になる典型例だ。
最悪の場合、真っ二つになり抜歯するしかなくなってしまう。
ナイトガードの装着は必須だ。

ブラキシズムや寝相の悪さ(横向き寝、うつ伏せ寝など)があると歯に過大な力が加わるので、歯が割れるとかだけではなく、動く。

この症例の場合も、3か月でインレーが脱離した後の隙間がなくなってしまった。

この方、右下7を抜歯されてしまったが、8番が倒れてきて、隙間が埋まってきている。画像は次回にでもアップしよう。3年間で歯がどのくらい動くのか分かると思う。

隙間がなくなって、それどころか、むしろ食い込んでしまっているので、隣接歯との正常なコンタクト形状を得るにはかなり削るしかない。

鏡像と頬側からの画像だ。

鏡像:クラックが見えると思う
before

on the way

after

頬側面観
before

on the way

after

咬合面観
クラックが近遠心的に入っているのが判ると思う。後ろの6番にもある。原因は嚙みしめ、歯ぎしり等のブラキシズムだ。このところ非常に多い。世の中ストレスが蔓延している。売国安倍政権が日本の全てをユダ金に売払い、国民は貧乏に喘いでいる。良くない夢を見ながら、歯を痛めているのだ。





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.