歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療511.01(上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、右下4、隣接面カリエス、自発痛+

痛くなっている歯は神経を取らないと痛みが治まることはないと習うが、そんなことはない。
歯髄の炎症がひどくなければ、緊密な充填ができれば痛みは治まる。

このことは不都合な真実らしい。
なぜなら神経を取って冠を被せるというビジネスモデルが崩壊すると、ほとんどの歯科医師にとって、おまんまの食い上げになるからだ。

この方も時々痛みが押し寄せてきていたのに、治療後はピタリと痛みが治まったという。

それなりに解剖学的に綺麗に、しかも一回で終わるために小峰先生のように10分で終わったり安かったりしないのだが、
長い目で見ると、非常に安いだろう。
通法の1/10の費用で、しかも神経を取らないので次がある治療(次は抜歯ではないということ)なのだから。

では実像の時系列でアップします。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.