歯科医院長mabo400のブログ

今日の諦めよっかな〜、、wシリーズ12.01

2021/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、左上5(UL5)、咬合性外傷による歯冠崩壊、自発痛ー

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/dental-filling/今日の諦めよっかな〜、、wシリーズ12/

左上4(UL4)の頬側にもGAがあるが患者によればこれはUL5から来ているということだったので、GAを潰して排膿させてみただけで何もしていない。UL5の歯根が湾曲していて、UL4の根尖と近くなっているので、あるいは患者の言う通りかもしれない。

「疑わしきは罰せず(歯科治療をしない)」の原則に従う。

ところで、主訴である表題画像のUL5の再建に入るわけだが、自然歯科さんで治療を受けられており、口蓋側(内側)が僕の知らないセメントかCRで充填されている。

セメントを外そうとしてみると頬側の歯質が取れた。内部が完全に虫歯で失われていたのだ。




完全に残根状態だ。残根というのは抜歯が前提という言葉なのだがw

歯髄は失活していると思われ、エンドチップも歯根がくの字に曲がっているので、途中までしか入らない。それでも少しだけ開拡しα-TCPセメントを充填する。




残根上に歯冠を再建していくが、こんなことができるはずがない、一瞬で取れると思われるだろうが、実はそうでもない。




鏡像




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.