歯科医院長mabo400のブログ

今日も野戦病院シリーズ41

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はとんでもなく怒号が飛び交う野戦病院状態で、とりあえず、痛くならなければ、、OK!という感じの症例を2つ。

どちらも70代男性で、ちょっと痛いということだ。どちらもほとんど露髄(神経が出ている)している。

左下はともかく、左上はよく見えない。露髄して出血しているがCR充填で済ませた。というか神経を取るなんて面倒なことはできない。その場で終わらないと野戦病院とは言えないのだ。患者は続々と運び込まれてくる。

こんなものでも痛くはならないのだから神経はとても強い組織なのだ。神経を取るなんてことはする必要性はないのだが、歯医者はみんなやっている。歯科業界は不思議なところだ。

一般には神経を取った後は歯は弱くなるからジルコニアの冠を被せないと長もちしませんよ、
という脅し文句に持ち込むところまでが鉄板なのだが、
本当にそうかな?と思って何年にも渡って試してみる歯科医師もいるわけだw

左下6



左上6





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.