歯科医院長mabo400のブログ

今日も野戦病院シリーズ51

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、左下6、自発痛++だった、今は痛くないw

このところ、外傷性咬合による口腔内のトラブルが非常に多い、というか全部だ。
歯牙破折はもちろん、虫歯から歯周病、顎関節症までほとんどのトラブルの原因となっている。

後10年で石油文明(現代文明)の崩壊が誰の目にも明らかになって、その後は人口の半数が餓死するという最悪の事態が想定される。
これらは暗黙知として人類の間に広がりつつあり、集団無意識の中で大きな精神的なストレスになっている。人類の絶滅につながる状況が自分の身に降りかかるわけだから。

http://mabo400dc.com/tsuredure/mottainai-society/エンジン車全廃へ秒読み開始-世界で広がるエンジ/

・・この方は外傷性咬合によるクラック(ヒビ)から虫歯になって、神経が死んでしまっていた。今は痛くないというので、CR充填するつもりで虫歯を除去していたが、切削バーがズボッと入ったので歯髄腔が空っぽになっていることに気がついた。同時に腐敗臭もし始めた。

外傷性咬合の所見は口腔内写真を撮っているとすぐに分かる。
舌の側面に歯型が付いている。舌を含めた咀嚼筋群にいつも力が入っているのだ。

犬歯の先端が異常にすり減っている。クラックもある。歯ぎしりの所見だ。

咬頭や隆線に大小様々なクラックが入っている。

この後はナイトガードを作ることにした。今の所、ナイトガードとナイアシンでブラキシズムなどの外傷性咬合の影響を緩和するしかない。

では実像から時系列で







鏡像








この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. より:

    本日はありがとうございました!
    こうして見てみると色々とクラックやら
    すり減っているところがだいぶあるので
    結構やばい感じですね
    皆さんが苦労しないように世界を導いていくしかないですね

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.