歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

外傷性の虫歯3

2019/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

90代男性、左上1、2 歯茎部遠心カリエス 自発痛ー

ほぼ寝たきりで、清掃不良というのはあるのだが、奥歯の噛み合わせが良くないので、この部分に咬合力がかかる。

咬合性の外傷力は歯茎部にかかりやすいので、応力腐食割れにより虫歯になる。
また、同じ歯でも遠心(奥の方)が虫歯になりやすいのは、酸素濃度が遠心ほど低くなり酸素濃度差腐食が起こりやすくなるからだ。

ちょっと分かり難いのだが、治療途中の画像を連続してアップします。

エナメル質は極力残したが、内部の象牙質は大きく失われている。2番は歯肉縁下、
完全に露髄しているが、内部は触らない。
しばらく、直後は痛くはないが違和感があると言っていたが、すぐに収まった。

抗菌剤添加α-TCPセメントで覆髄。歯肉縁下3mmまで歯質は溶けていた。

CR充填は数回に分ける

充填完了後

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.