歯科医院長mabo400のブログ

外傷性の虫歯7.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

13歳、女子、右上6が痛くて他院に行ったら、神経を取るといわれたのでうちに来た。

また就眠中の歯ぎしり、テニスの練習中の食いしばり、
それだけではなく、横向き寝による開口があり、犬歯誘導が機能していないので、歯ぎしりの時に奥歯が当たりすぎる。
これらは外傷性の咬合に分類され、外傷性の虫歯つまりクラックから内部に虫歯が進行してしまうことが起こる。

横向き寝、うつぶせ寝は頭の重さにより歯列に横方向の力が加わり、開口になることがある。
拡大床装置で改善しそうなので、やってみるつもり。

臼歯部のレントゲン写真を見ると、隣接面カリエスを含めると4本以上の虫歯が見えるが、やはり右上6が一番大きい。

右下7の咬合面にもフッ素爆弾と言われる虫歯があるかもしれない。次回にでもダイアグノデントでチェックしてみたい。

右上6は矢印で

右下7は矢印

次回は右上6の治療過程だ。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.