歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

若い子シリーズ26.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

16歳男子、左右6、舌側カリエス

非常に珍しいタイプのカリエスで、通常はあまり見かけない。
舌側(内側)は唾液も流れるし、酸が溜まるということもないからだ。
考えられるのは虫歯ができ始めた頃は、舌をこの部分に密着させるような、生活習慣上の何かがあって、酸素濃度が他の部分より少なく、酸素濃度差腐食が起こった可能性があったということだ。

この歯が虫歯になった時期は萌えてくる6歳から小臼歯の4番、5番や12歳臼歯の7番が萌えてくる以前と思われる。もし年齢とは関係のない何らかの原因があるとすれば、4、5、7番も同じところに虫歯ができてもおかしくないからだ。

6歳〜12歳までの間に何が起こっていたのか?
今となっては想像の域を出ないが、寝相によっては虫歯ができやすい部分がある経験をしたことがある。
以下の例では、横向き寝をしていて、虫歯のある方を上にしていたという。

結論は唾液が溜まりやすいところはプラーク中の酸性度が低くならないからだということになった。
酸がなければ虫歯にはならないからだ。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-26189/

前回のつづきです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/若い子シリーズ26/

今日は実際の治療過程

舌側は唾液の排除が難しいので、CR充填は唾液との戦いになる。
通常はCR充填は難しいので、エナメル質を全部削って冠を被せる処置を選ぶ歯医者は多いと思うが、それでは、次がないというか、人生100年時代にはそぐわない。

虫歯の進行が進んでいる左下6(鏡像)

脱灰部分を削除。
黒色部分はFeSが象牙細管に浸潤しているだけで虫歯ではないので、すべて除去する必要はない。

α-TCPセメントで覆とう

CR充填後

それほどでもない右下6(鏡像)
右下寝なので、唾液が溜まるので相対的に虫歯になり難い。

ボンディング材が効く程度に虫歯を除去して

α-TCPセメントで覆とう

CR充填後

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.