歯科医院長mabo400のブログ

若い子シリーズ30

 
この記事を書いている人 - WRITER -

14歳女子、左下6、CR不適合?

お母さんが、CRが欠けたとかで心配して来院された。
大豆の炒ったものが好きで、歯冠にクラックが入ってそこから虫歯になったのかもしれないとか?他院で治療されているので、今となっては、ちょっと判らない。

内部は大きく失われており、神経が出ているのでMTAセメントを使ったとか。
神経を取る取らない、セラミックの冠を被せないと保たないとか、銀歯にしないとダメだ、という歯医者を全部断って、無理やりCR充填にしてもらったとか。

頬側のエネメル質にクラックは入っているようだが、内部も黒いし、よく分からない。他院で何をしているのか、全く分からないというのが、この業界の特徴だ。
とりあえずCRやセメントを除去してみた。
麻酔はしていない。
黒いのは細菌の代謝産物のFeSか?内部まで細菌が侵入できる隙間があったのだろうか?
隙間は最初からあったのか?CR充填後なのか?やはり不明だ。
セメントは2層あって、一番下がMTAセメントか?矢印がそうだが、使ったことがないので、よく分からない。一番上はカルシウム系のセメントだろうか?、白色だ。
内部の象牙質や隣接歯のコンタクトポイントにもクラックも虫歯も見られなかったのでちょっと安心した。

CR充填までの過程を鏡像、実像の順で時系列で並べてみた。
CR充填後は修復したようには見えないとか、学校検診では健全歯になるだろうとか言われたが、この程度なら技工士なら当たり前だ。歯医者が下手すぎるだけだろう。
どうせ外注するからと歯型彫刻の実習をなめているのだ。
これには1時間ほどかかったが、別の歯医者ではラバーダムをしてCR充填をして、5時間かかると言われたとか、まぁ、意味不明だ。

鏡像







実像







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.