歯科医院長mabo400のブログ

今日も野戦病院シリーズ46

2020/10/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

60代男性、右下8、インレーブリッジの2次カリエス、自発痛+

歯が欠けて痛かったのでうちに来て、仮埋めをしたら少しマシになった。
というのだが、なんとか歯髄の保存治療をしてみることにした。

ブリッジのインレー部分をレストになる部分を残して除去した。

通常の歯科治療法では歯牙の保存が困難な症例なので抜歯になり、元々欠損している7番といっぺんに2本歯がなくなってしまうことになる。

ほとんど健全歯質は失われていて、露髄しているかもしれないが、とりあえずいつものようにCR充填して経過観察することにした。

治療後は痛みはないということだった。

インレーブリッジは脱離しやすいので、2次カリエスになりやすい。
インレー部分をレスト状に形成してCRに包埋すればブリッジ全体を作り直す必要はない。







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.