歯科医院長mabo400のブログ

義歯の部分的修理0.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

60代女性、右下7〜5ブリッジ脱離

ブリッジというものは外れやすい、外れても外れたことに気がつき難く、
2次カリエスで歯がなくなってしまうこともままある。

外れやすいのはテーパーを付けているのだから当然で、
それは構造的欠陥なのだ。

それを防ぐには、若しくは外れても被害が最小限にするための方法としてCRで歯冠
を作るのが良い。

最近のCRのボンディング材の性能は高く、簡単には外れない。
ほとんど象牙質とエナメル質の接着強度に等しい。
さらにテーパーがないので、脱離、破折しにくいのだ。
形成するにあたって、CRの範囲で削れば、冠が脱離しても歯質が剥き出しになっておらず、2次カリエスにならない。

なぜ今までこの方法に気がつかなかったのだろうか?

前回のつづきで、ブリッジのセットまでだ。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/dental-prosthesis/義歯の部分的0-00/

before

after

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.