歯科医院長mabo400のブログ

どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?7

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在16歳だが、サッカー大好き少年で、6歳から地元のクラブチームに所属してサッカーを始めた。今は高校の部活でサッカーをやっている。三度の飯よりサッカーが好きで、いつも歯を食いしばって頑張っているそうだ。

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/electrochemistry/どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?6/

あれからこの子のカルテを見てみたのだけれど、
3歳5ヶ月の時に左下DをCR充填していた。

その後6歳1ヶ月になるまで来院していない。
その間、他院でCR充填していたようだ。

その6歳1ヶ月時に久しぶりに来院したときの画像が前回のこれだった。
主訴は3歳5ヶ月時にCR充填した歯の下から永久歯が萌えてきた(生えてきた)、右下Eの歯茎が腫れているというものだった。

表題画像を見て気がついたのだが、この子は下顎前突系の噛み合わせだ。上顎Bが咬耗しているのもそれをうかがわせる。
この子のお母さんも同じで前歯が当たりやすく、噛み締めが起こって臼歯部が壊れやすい。
外傷性咬合の典型例の1つだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.