歯科医院長mabo400のブログ

どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?8

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在16歳だが、サッカー大好き少年で、6歳から地元のクラブチームに所属してサッカーを始めた。今は高校の部活でサッカーをやっている。三度の飯よりサッカーが好きで、いつも歯を食いしばって頑張っているそうだ。

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/electrochemistry/どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?7/

6歳1ヶ月になってからの治療というのはたくさんあるのだが、画像が残っているのは3日分しかない。
僕はすっかり忘れているのだが、スタッフは10年前のことを覚えていて、Tちゃん、いつも泣いていたもんね。。と言っていた。確かにカルテにも号泣にて治療中止と書いてあるw

この年、治療したのは
2/19 左下E CR
3/19 右下E CR(Perではないのは不明)
4/27 左下D Per KP充填
この歯は下から永久歯が萌えてきているようなのだが、代替永久歯の歯根は完成しておらずまだ萌えてきて欲しくはない。2年以上早過ぎる。そこでDの保存を試みたのかもしれない。

5/18 右下D Pe 感根処
5/31 右下D KP充填

とあるが、5/18の画像は残っていた。そろそろウチでの治療に慣れてきたのかもしれない。画像を残せるほどにさせてくれるようになったのか?


この一連の治療は再治療で、その前の最初の治療が必要だったか、というのはもう判らない。
歯科治療を1回でもしてしまうと、それが本当に必要だったかというのはもう分からなくなってしまう。
こうして、虫歯の本当の理由は分からなくなってしまうのだ。

虫歯の発症理由が判るのは最初だけだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.