歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療463.02(上級編)

2020/01/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、左下5、2次カリエス、温冷痛+

前回のつづきです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/electrochemistry/今日の充填治療463-01(上級編)/

このところ歯肉縁下のCR充填が続きます。
僕が学生の頃、歯科保存学では、歯肉縁下の虫歯は治療できないので、諦めても良い(抜歯)と習ったのですが、
今はどうなのでしょうか?

・・ゴールドインレーが入っている。簡単には外れない。
歯質を傷つけないように削り取るのは難しいし、時間がかかるのでインレーなどやめてほしい。。

外したインレーの内面。黒くなっている部分が外れていた部分。黒色物質は硫酸塩還元細菌の代謝産物のFeSだ。隙間にはこの細菌が住んでいる。

遠心部分は接着剤は効いていなかったようだ。

歯肉縁下3mmもあるので、出血させずに軟化象牙質を除去するのは難しい。しかしマージン付近は新鮮歯質を確保しないとボンディングが効かない。

神経に近い部分はα-TCPセメントで覆とう。

CR充填は2回法を用いる。

歯冠再建。多くの歯医者さんはどうやってするのか分からないと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.