歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療463.03(上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、右下4、CRの再治療

この時のつづきというか反対側の右下4の再治療です。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/electrochemistry/今日の充填治療463-02(上級編)/

なぜ矯正用のブラケットが付いているかというと、歯肉縁下の虫歯は治療できないので、リフトアップして虫歯部分を歯肉縁上に出して治療しようということのようだ。
そのため右下45の咬頭は削除してあるそうだ。
見たところ削除量は精々1mm程度だったが、それではどうにもならないだろう。
4はそれほど深くないのだが、5は歯肉縁下3mmもあるので、3mmも削るの?と思うが。。
僕なら引っ張り出したい歯以外の歯にレジン等を盛り、咬合挙上する。こうすれば削らずに済む。
以前臼歯部のすれ違い咬合を治したことがある。おヒマな方は探してみてください。

歯肉縁下の虫歯治療は難しいが、やってできないことはない。

今日は矢印の4のCRの再治療なのだが、見た目は綺麗に充填してある。
内部は軟化象牙質(虫歯)が残っているから、どうしてもやってくれということだったが、虫歯は細菌感染症ではなく電気化学的な腐食なので、イオンが漏れなければ虫歯が進行したりしないのだ。

要するに電気的に絶縁されていれば良いということだ。歯学的には辺縁封鎖性が良ければ良いということで、虫歯など内部にいくら残っていても問題はない。

隣接面にも虫歯がありそうだったし、充填部位が見えなかったので、隣の5のインレーを半分除去した。
黒くなっているのは虫歯が黒くなって進行を抑えるというサホライドだ。その下にはクラックが見える。虫歯はこのクラックが発症のきっかけとなる。

後はCRを除去していく。まだ残っている。

CRを全部除去してみた。虫歯は思ったほど残っていなかった。一般には虫歯は完全に除去しないと再発すると信じられているが誤りだ。この程度は全く問題ない。α-TCPセメントで再硬化する。
除去するときに健全象牙質に触るので、痛いだけだ。
削りすぎ。

後は復罩して、2回法でCR充填する。



次回は隣の5だ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.