歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療467(上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性。左下6、外傷性歯根膜炎。左下7、インレー不適合

左下6が痛いのか左下7が痛いのか分からない。時々痛くなる。いつもではない。
レントゲン写真では6は神経を取ってあるので虫歯の痛みではない。
ナイトガードを装着して休むしかない、就眠時に食いしばりのある方で、外傷性の歯根膜炎だろう。

硬いナイトガードにしっかり噛み跡が付いている。

7は年月は経っているが、見かけは問題はない。ナイトガード調整だけで様子を見ることにした。

6には2次カリエスが見えるので、インレーを外して見ることにした。咬頭に欠けがありクラックが歯茎部に伸びている。破折に気をつけなければならない。

インレーを外してみると、大きな虫歯にはなっていなかった。よかった。
黒くなっているところが隙間になっていて硫酸鉛還元細菌の代謝産物FeSが沈着しているところだ。

外した方のインレーの内面、黒くなっている部分がセメントが利いていないところだ。隙間が十分に狭ければ虫歯にはならない。FeSはイオン伝導性がないからだ。

綺麗にして、α-TCPセメントで覆罩し、二回法でCR充填したが、デンタルフロスが通らない。
相当頑張ったのだがダメだったので、CRを一部除去してみたら6の遠心面にバーが当たったと思われるくぼみがあった。


CR充填する時には気がつかなたったが、インレーを除去した時の画像には6の遠心面に凹みが写っていた。

CRを一部取り除いて、

再建し直した。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.