歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療499.01(上級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

17歳男子、右下7、外傷性カリエス、1年以上放置、自発痛ー

前回のつづきだ。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/dental-filling/今日の充填治療499-00(上級編)/

壊死する症例の方が少ないのだが、残念ながら息肉で髄腔が満たされていなかったのだろう。
しかし、何も考えずに神経を取るのではなく、とりあえず歯髄の保存は試みるべきだと思う。

一般の歯科医師には何をやっているのか全く解らないと思うので、どこの歯科医院でもこんなことができると思わないで欲しい。

次の日から痛くなったというので、開けてみた。

これが天蓋と言われる部分を除去しているところ。天蓋の下の冠部歯髄は溶けてなくなってしまっている。


天蓋を全部除去すると、根管口付近に歯髄が見える。触ると痛いようだが、出血はしない。かなり失活に近いがこのママ直覆して埋め戻してみることにした。
さてどうなりますか?


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.