歯科医院長mabo400のブログ

今日の諦めよっかな〜、、wシリーズ4

 
この記事を書いている人 - WRITER -

70代男性、右下5、7ブリッジ2次カリエス

表題画像は残根と呼ばれる状態で、ポストを立てられないので抜歯の適応となる。
でも保存の手立てがないわけではない。

手前側の5番だけがCRが外れているのかな?と思ったら、7番も2次カリエスでボロボロ。。
5番は神経を諦めようかな。。7番は歯そのものを諦めようかな。。と思った。
というか普通は何も考えずにそうする。

外すと内部がない。これも実質残根だ

なんとか神経を取らずに修復したのだが、一番後ろの7番もボロボロだった

冠の内部の茶色の部分が虫歯。Caが抜けてカマンベールチーズ状になっている。金属と歯牙の間の自然電位差によって電気的腐食が起こる。これを歯科では虫歯と呼んでいるが、電食という概念は欠落している。歯医者は酸で溶けたとか未知の酵素で分解されたとか間抜けなことを大真面目に唱えているが、他分野の人間が見たらアホに見える。電気工事屋のおっさんが見ても電食にしか見えないからだ。

歯牙はこれしか残らないが

CRコアならなんとか作れる

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.