歯科医院長mabo400のブログ

今日も野戦病院シリーズ49

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、右上4、歯牙破折、自発痛-

白ご飯を食べていたら、ガリッときたので石でも入っていたか?と思ったら自分の歯だった、、!


標題画像をよく見ていただくと判るのだが、全ての歯牙に縦にクラック(ヒビ)が入っている。典型的なクラックから内部の象牙質が溶けてしまって、突然欠けるという外傷性の虫歯なのだが、

ご本人は食いしばったりしている自覚は全くない。

ナイトガードを使った方がいいですよ?
ストレス溜まっていませんか?
と訊いても、

そんなことはない!と思っている。

もちろん、硬い食べ物が好きですか?と訊いても、

いや、ふつうです!と答えるw

・・ま、こんな症例を神経(まだ神経は生きている生活歯なのだ)を取って、被せ物をするという治療は歯牙の寿命を縮めてしまう。

従来型の治療法では、なんどもなんども通って結局歯根破折で抜歯というのが見えているのだ。それはCAD/CAMを使った1日で終わる治療法でも同じだ。

その場で治すことにした。
うちは野戦病院だから、1時間で治して、前線に送り返すのが僕の仕事だ。

しかし最近うちの野戦病院化が激しい。。
ひしひしと現代文明のクラッシュが近づいているのを感じますね。。

実像と鏡像の2つの角度から治療過程の画像をアップする。

実像




鏡像



この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. Opus 0 より:

    >典型的なクラックから内部の象牙質が溶けてしまって、突然欠けるという外傷性の虫歯

    内部が溶けることは多いのですか?
    直射日光下、自分の歯を観察し、このようなクラックの多さに驚いたのは30くらいでしたが、50くらいまで何も起こらず、その後5年に一度くらい1㎜か2㎜かけることがありましたが、内部が溶けてるようではありませんでした
    一方で15くらいの時、歯が痛いという同級生の口の中を見ると、大きな穴が開いていて、なぜこんな大きな穴が? と不思議に思ったことが数度あります
    このような事態だったんでしょう
    同い年の知人が、歯科医に、
    「年を取るにつれて、歯にたくさんひびがはいって、歯の質が弱い人が虫歯になって、歯の質が強い人はかける」
    と説明されたそうです
    歯の質は、もっと一般に口内環境、唾液量、PH等と考えるべきでしょうが、説明として妥当ですか?

    • mabo400 より:

      内部の象牙質だけが溶ける現象は結構見ます。
      http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-2446/

      リンク先の虫歯の電気化学モデル(僕の仮説、藤森先生は面白い、そうかも、でも研究しようにも歯科医師の協力が得られないとおっしゃっていました)というイオン反応式で最終産物のCa2+、H2が速やかに除去されないと虫歯は進行しないことが分かると思います。
      これが外傷性咬合によるビードロ効果(仮説)により虫歯内部から排泄されるのではないかと僕は考えています。

      歯の質とよく言われますが、硬度、ヤング率なのか、耐磨耗性なのか、電気化学的に溶けやすい(イオン化傾向が大きい)のか、実は誰も分かっていないのです。漠然と適当なことを言っているだけです。
      少なくとも正常な歯牙をタービンで削った感じは同じように感じます。明らかなエナメル質形成不全症の歯ではない場合の話です。
      多分歯牙はHAの均質な結晶なので不純物や結晶構造の極端な不規則性がなければ所謂「質」というものはないのではないかと考えます。

  2. オプトレル より:

    はじめまして
    いままで虫歯は口内細菌による感染症だと思っていたのですがまさか金属の錆びと同じとは思いもしませんでした
    歯磨きの時はジェルコートFとかフッ素入りのものに拘って使っていたのですが・・そのフッ素も予防効果は・・・・・
    そういえばパーフェクトぺリオ(通信販売)を使っている間は虫歯にはならなくて高額(一月5000円)なのでやめたとたんなりましたね 歯周病にもなりました
    パーフェクトぺリオはそれなりの効果あったのでしょうか
    ぜひ先生に試してもらいたいです
    いまは歯周病治療で2ヶ月に一回クリーニングで歯医者に通っていますが歯周病はひたすらクリーニングしか治療法(保険治療で)がないそうです
    重曹水は試してみようかなと思っていますがプロトンフリーは歯周病にも効果はありますか?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.