歯科医院長mabo400のブログ

外傷性の虫歯6.00(歯根面・隣接面カリエスの生成理論)

2019/12/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

9歳男子、左下6、隣接面カリエス 003990

乳歯が抜けたら、虫歯が見つかったというよくある症例です。
隣接面の虫歯の原因はよく分かっていません。隣接面はプラークで汚れやすいとか、その程度です。だからどうしたの?というとプラークは糖質を摂取すると酸性になりやすいので、その酸で歯が溶けるのだと思われている。しかし実はそう簡単な話ではない。プラーク中の酸性度はpH4.5程度であり、その程度では歯は溶けない。それより水素イオン濃度が30倍も高いpH3の炭酸飲料に漬け込んでも1ヶ月位では溶けてなくなったりはしない。意外に歯は酸には強いのだ。

しかし電気化学説で考えるともっと詳細に納得のいくように説明出来る。

虫歯の電気化学説では細菌の出す酸で溶けるという単純なものではなく、水素イオン(酸性)は歯質を電導するという意味では必要なのですが、水素イオンの存在だけでは不十分で水素イオンを動かすための起電力がさらに必要なのです。

口腔内での起電力として普通に存在しうるものに2つあり、1つは自然電位とかイオン化傾向とか言われる2つ以上の金属もしくはイオン電導性物質間に生じる起電力と、二つ目は酸素濃度差電池に代表される媒質の濃度差に起因する起電力があります。

一本の歯でも手前側と奥側では奥側の方が酸素濃度は低いので、低い奥の方に向かって水素イオンは歯質内を電導して奥側の面(遠心隣接面)から外に出る。出るときに歯質の構成要素のカルシウムから電子を奪い(イオン化傾向の違いによる)水素イオンは水素ガスとなりカルシウムはカルシウムイオンとなり歯質から溶出するこれが虫歯だ。一本の歯でも遠心面の方が虫歯になりやすいのは歯科医師はよく経験しているはずだ。

表題画像の虫歯はよくあるにもかかわらず、なぜこんなことになるのか説明できないが、その発症の最初の原因はやはり外傷性咬合によるクラックだろうと思う。
外傷性咬合というものがどういうものなのか、歯ぎしりや食いしばりなどの習癖、硬いものが好きでその部位でよく食べている、またスポーツ系の外傷性咬合はよくある話だ。テニスや野球などのボールのインパクトの時に噛み締めている。ボクシングやウェイトリフティングの時に食いしばっているとか、サッカーやラグビーのラフプレー等様々だ。

少し虫歯を取ってみると、クラックがあるのが分かる。

拡大してみると明らかにエナメル質だけではなく、象牙質に達しているクラックが見える。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.