歯科医院長mabo400のブログ

今日も野戦病院シリーズ37

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、左上4、穿孔、自発痛+

久しぶりに野戦病院シリーズなんですが、1年程前に出張先で痛くなったとかで休日診療の歯医者を訪れたら、抜髄(神経を取る)されようとしたが、神経の穴が分からない、、とか歯医者が言い出して、そこまででいいから根充して、と言って帰ってきたとかで、最近また痛くなって、地元の休日診療に行ったら、排膿したとかで、かかりつけのうちに回されてきた。
何を言っているのかよく解らないが、要するに穿孔してしまって収拾がつかなくなったということのようだ。

表題画像のレントゲン写真でも穿孔らしき影が見える。切削バーの角度が悪く穿孔させてしまったのだろう。

オープンになっていたので、根管口を探したら2つ見えた、矢印部分だ。穿孔部分は広範囲に見える、楕円部分だ。

穿孔部分

とりあえず不快症状を取ることが先決だと判断し、途中まで活きている根管と穿孔部分を一緒にα-TCPセメントで充填した。
事態が悪くなるようなら抜歯・再植で穿孔部分を外から埋めた方が確実だろうと判断した。

CRでバイトダウンされているところを再建して経過観察

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.