歯科医院長mabo400のブログ

三重で女性歯科医とスタッフ感染、クラスターの可能性

 
この記事を書いている人 - WRITER -

歯科医院もクラスターになり得る最右翼であるのは当然で、タービンや超音波スケーラーはウイルスを含んだミスト(エアロゾル)の発生源になる。ミストとは飛沫より小さいもので、空中に長時間(3時間)留まる。そのミストを吸引するための口腔内バキュームの使用は有効なのは当然なのだが、口腔外バキュームの使用には熟練を要する。言われているよりも難しい。
ただ使えば良いというものではない。

口腔外バキュームというのはうちの診療ユニットの左端にある掃除機のでかいものだ。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-23/

この口腔外バキュームは吸引力が大きいので、長時間使い続けると、その場で発生したミストだけではなく、室内の空気全部をミストやダストと共に吸い寄せてしまう。

かえって術者や患者の感染リスクを増大させてしまう可能性が高いのだ。

その使用時間のコントロールが難しい。このことを良く理解していないと使用はしない方が良いのではないかと思っている。理解するとはミストやダストが吸い寄ってくるのが心眼で見えるレベルだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020/04/16 10:27
新型コロナ
 三重県は15日、東員町の50歳代の歯科医師女性について、新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。県発表の感染者は20人となった。

 発表によると、女性は桑名市長島町又木の「ハート歯科」を経営、スタッフや患者と接触しており、スタッフ1人も名古屋市の検査で陽性が判明した。県はクラスター(感染集団)になる可能性もあるとみて、接触者の確認を急いでいる。

 女性は5日に39度の発熱や全身の倦怠けんたい感などがあり、医療機関を受診した。14日にも発熱があり、呼吸困難になったため、別の医療機関の帰国者・接触者外来に移り、15日の検査で陽性が判明、入院した。女性は4日と6~8日、13、14日に診察していた。

 県は15日夜の時点で、ハート歯科のスタッフや患者の総数を把握できていないという。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.