歯科医院長mabo400のブログ

原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

 
この記事を書いている人 - WRITER -

来ますね、首都直下地震。

大地震まで、一ヶ月切った?

首都圏から避難した方がいいのでは?
可能な人は。

避難場所は三密になるので、コロナ蔓延!

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273536/2

ーーーーーーーーーーー

6/7(日) 9:26配信
日刊ゲンダイDIGITAL

1995年の阪神・淡路大震災でも1カ月前から異臭が発生(C)日刊ゲンダイ

 4日夜、神奈川県の三浦半島で発生した謎の異臭――。午後8時から約3時間、「ゴムが燃えたようなにおい」「化学薬品のようなにおい」「にんにくのようなにおい」など200件を超える通報が消防に寄せられた。通報の履歴から、異臭は三浦半島南部から約20キロほど北上したとみられている。

「警察、消防に、東京ガスと海上保安庁も加わり原因を調査しました。陸上で火災やガス漏れは確認できず、海上でも船舶の事故はなかった。原因不明と結論付けました」(横須賀市消防局指令課)

 いったい、この異臭騒ぎは、何だったのか。三浦半島の異臭を“迷宮入り”で終わらせてはいけない。巨大地震の前兆の可能性があるからだ。立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

■「地殻変動でニオイ発生」は常識

「地震や地滑りなど地殻変動に伴うにおいは、地質学の関係者では常識です。微妙なにおいの変化は地殻の変化を察知するのに重要です。大きな地震は、本震の前に小さな揺れが頻発します。この揺れで岩石が崩壊し、焦げたようなにおいが発生します。1995年の阪神・淡路大震災でも1カ月前から断続的ににおいが確認されています。三浦半島は活断層が非常に多いエリア。活断層が動いたことから、岩石の崩壊が重なって、まとまった“異臭波”がつくられ、南からの風に乗って北上した可能性があります」

 三浦半島の目の前には相模トラフがある。もし、相模トラフが大揺れしたら、首都圏直撃だ。相模トラフは、4つのプレートが重なり合うエリアにあり、やっかいな震源地。1703年の元禄関東地震や1923年の関東大震災は相模トラフが震源とされる。

「大地震前の揺れによる岩石の崩壊は、においとともに電磁波を発生します。もし、今回の異臭の発生エリアで、電磁波の値が高くなったり、電波時計が狂うなどの現象が起きていれば、異臭が地殻変動によるものである可能性が高くなります。電磁波の変化を検証すべきです」(高橋学氏)

 杞憂に終わればいいのだが。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 匿名 より:

    福島県郡山市でも、先週の金曜日くらいから、異臭がします。自宅周辺の環境だけかと思っていましたが、昨日、今日と自宅から3㎞くらい離れた場所でも同じく異臭がしましたので、ゴミの始末の状況とか局所的な原因とは異なると思います。異臭というか、硫化水素臭、平たく言えば温泉でのあの卵の腐ったような臭いです。僅かに知覚出来る程度ですが、オヤッ?と思っていました。

    • mabo400 より:

      地殻変動の前兆なんでしょうね。。どこで何があってもおかしくない状況なのでしょう。
      お互い準備を怠らず、気をつけましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.