歯科医院長mabo400のブログ

自粛はどの程度の期間必要か?

2020/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

表題画像はここから転載

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/032400186/

緊急事態宣言が出されて、移動や営業の自粛が要請されたわけだが、休業補償もあやふやな状況では限界がある。

戦時中の「欲しがりません、勝つまでは」と同じだ。政府は国民を救おうとは考えていない。口だけだ。無責任極まりない。

うちも歯科医院ということで、3密ではある。術者と患者は濃厚接触だ。
しかも新型コロナは無症状でも感染力がある。

一般にできる感染防止対策はこれからアップする予定だが、石田純一氏が採っていたと言う感染防止用の除菌スプレーの使用程度では無力だったということが分かる。
もっと徹底した感染防止対策が求められる。

問題は休業とか言われてもどの程度必要なのか?と考えると絶望的になる。
政府は5/6までの20日間と言っているが、それで収束するのか?

表題画像では3ヶ月間の対策結果の英国でのシミュレーションだが、はっきり言って20日間で終わりということは有り得ない。3ヶ月でも無理だろう。

しかし3ヶ月も休業できるはずがない。干上がってしまう。コロナで死ぬか、経済破綻で死ぬか、どっちか(も)だ。

とりあえず、5/6までは政府に付き合うが、それ以降はなるべく3密にならない診療形態を考えるしかないだろう。当然感染のリスクは0ではないが、働かずに従業員に給料を支払い続けることは無理だからだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    体力維持して当面は3密やら5密?やらを出来る範囲で避ける。
    何年か前の家畜伝染病口蹄疫は3月頃に一例が出て、
    あやふやな対策しているうちに感染拡大。
    特に5月連休あたりからの爆発的拡大は顕著でした。
    慌てて施設や幹線道路全車輌消毒を実施。
    莫大な被害を残しで終息はしたものの、結局原因もわからずじまいですが対策に一定の効果はあったとみます。

    今回のコロナも全員至るところで体温測定して
    ひっかかったら検査。
    でないと今度は全国的な爆発的感染拡大になるかもです。
    とても危険な5月連休は目の前です。
    ちなみに家畜は全く健康なのも大量に殺処分されました。

  2. ロミエル より:

    家畜は悲惨でした。
    これをヒトにあてはめるとみんな処分されます。

    報道は被害ばかり言いますが
    莫大な利益をあげるところもあります。

  3. ロミエル より:

    口蹄疫の時は石灰屋さんと消毒関係。
    石灰の効果は今を持ってよく分からないがとにかく購入して撒きに撒いたです。
    配布もされました。
    石灰のパッケージがそれまでの地味なのからモデルチェンジ!
    それまでも肥料としては使っていましたが消毒に使いだしたら通年になり使用量も数倍になっていました。

    新型コロナはマスクと紙類、
    カップ麺やら販売が伸びているスーパーに宅配。
    宅配は行き付けのコーヒー屋さんが営業時間短縮で宅配受けとりしたら夜でも混んでいました。
    今までにないパターンです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.