今日の充填治療328(中級編)

   

70代女性、左上45、隣接面カリエス、自発痛ー

70代ともなると象牙質は溶けてしまっていても痛みなどない。
通常は神経を取って冠を被せるしかない症例なのだろうが、
多分根部歯髄は狭窄していて器具が入らず神経を取ることさえ難しいだろう。
どうせできないのだからCR充填で終わった方が患者はHappyだ。
歯医者は儲からないが。

α-TCPセメントで覆とう

既成のストリップスでなんとか充填するつもり

どうにか充填。5のインレーは触らず。

トリミング後

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療