今日も野戦病院シリーズ20

   

60代女性、左上3、2次カリエス

差し歯が緩んでいたが、脱離しなかったので、気が付かなかった。

引っ張ると外れたが、

歯根内部には細菌のコロニー(白い部分)ができていて、

ほとんど軟化象牙質になっていた。
硬めの羊羹のようにスプーンエキスカベータで刮ぎ取れてしまう。
通常の診断では保存不可能につき抜歯となるだろう。

ほとんど健全歯質は残っておらず。
奥の方はα-TCPセメントで軟化象牙質の再硬化を期待した。

Rounded CR core additional pin ledge:RCRCAPL

の築成をして

CKを作った。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日も野戦病院シリーズ