今日の充填治療332(中級編)

   

30代女性、右下7、インレー脱離

奥の方のCR充填はそれだけ難しくなるので、中級。

ボトルシップという呑んで空になった酒瓶の中に船の模型を作るという趣味があるそうですが、
口の中で歯を作る作業はそれに似ている。

インレーはこじると簡単に脱離した。
しかしひどい虫歯にはなっていなかった。
それには理由があり、十分隙間が狭く嫌気性の硫酸鉛還元細菌に適した繁殖環境だったからだ。
黒色物質はFeS(硫化鉄)で、それらの細菌の代謝産物だ。
この物質はイオン電導性を遮断するので、虫歯の進行は抑えられる。

なぜかこのことは歯科業界では知られていない。

覆とう・裏装セメントを除去したところ

α-TCPセメントで覆とう

CR充填2回法の1回目

2回目はストリップスを使いトリミングする

 - 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説