歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その17 (2)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日の症例は子育て中の女性。
もう5~6年は歯医者に行く時間がとれない。
でも、噛んだときに痛いので、
ここだけ治療してほしいとのこと。

右下の7番、遠心にカリエス像、
歯髄にカリエスは達しているようにも見えるが、自発痛はまだない。

この他にも、歯周病、分岐部病変、根尖性歯周炎と他にも問題点がある。

虫歯で内部の象牙質が溶けて、エナメル質が破折し、
噛むと破折片が歯肉を圧迫している状態。

局所麻酔下で破折片を取り除くと、中身は空洞。

インレーを除去すると中はどろどろ。

極力エナメル質を残し、接着面を確保するために最小限の健全象牙質を確保する。

感染歯質を全部除去すると露髄するので、
軟化象牙質上に、アパタイト系ライニングセメントに抗菌剤を混和して適用。

フロー系CRで充填して終了。

他の悪いところも治したい、、とおっしゃっていましたが、
アポイント取られましたか?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.