歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯・再植術その1

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日の充填シリーズも飽きて来たので、
別のシリーズを始めることにしました。

「今日の咬合シリーズ」は非常に微妙で肉眼では判りにくく、画像も撮りにくいので、
判りやすい症例があった時だけです。

「削らない、抜かない」ということで予防歯科とかメンテナンス歯科とかやっていると、
歯牙破折というか歯根破折をどうしようか。。ということはちょくちょくあります。

通常歯根が破折すると抜歯しか選択肢がありません。

でも、長期メンテナンスを前提として「抜歯・再植術」をすることがあります。
なぜ長期メンテナンスを前提とするかというと、
接着した破折線は歯周組織と接合しないので、
細いが深い歯周ポケットがあるのと同じだからです。

で、「今日の抜歯・再植術シリーズ」です。

年明けに2件「抜歯・再植術」のケースがありました。

最初は60代男性、咬合力が強い、噛み締めの習癖があることを伺わせる。
歯茎部のWSDにCR充填の既往有り。鏡像。
IMG_9244-16.JPG
右下7番歯根破折。鏡像。
IMG_2578-16.JPG

術前レントゲン画像。歯根膜腔拡大、特に近心。
1009251114-16.jpg

冠除去後、破折線が見える。
IMG_6793-16.JPG

抜歯、近心根頬舌的に破折。
IMG_6797-16.JPG

根尖孔に膿瘍が認められる。ついでに逆根充を試みる。
IMG_6799-16.JPG
認められる根尖口は全部削除。
IMG_6800-16.JPG

歯根膜以外の病的組織を切除し、接着面はタービンで一層削除し新鮮面をだす。
歯髄腔は異物を除去し、アンダーカットを付与し接着剥がれを防止する。
IMG_6802-16.JPG

通法によりエッチング。術式の間セフゾン、クラビット入りの生理的食塩水に浸漬する。
IMG_6803-16.JPG

接着面を乾燥し、スーパーボンド(商標)、液:キャタリスト=6:1、筆積み法にて、
破折片を貼り合わせる。
数分間生殖水に浸漬し粗硬化を待ち、抜歯窩に戻す。
IMG_6805-16.JPG

指でしっかり固定しながら、スーパーボンド筆積み法にて隣接歯に接着固定する。
IMG_6806-16.JPG
IMG_6807-16.JPG

歯周組織より上皮の方が治りが速いので、上皮の迷入を防ぎ、
異物の混入、細菌感染を防止する目的で、
最低4日間レジン系仮封材にて包帯する。
IMG_6808-16.JPG

術後レントゲン画像
1101141236-16.jpg

生着するまで最低2週間は固定が必要、
最低1ヶ月経過後に歯冠修復する。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.