歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その27 (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

久しぶりの投稿です。
というのは、他の歯医者に行ったら、神経とって被せる、、
と言われたが、
それは嫌だ、ということでうちを見つけてはるばる遠くからおいでになった方で、
ブログにアップしますので、見てね。
とお約束したからです。
・・見ていらっしゃいますか??

CR充填処置的にはよくあるパターンなので、
今更アップしてもしかたがないのですが、
ネタということでご覧下さい。
レントゲン写真です。
1110261130-26.jpg
今のところ痛みは出ていないが、歯医者の常識的には充填治療はちょっと無理。
神経とって被せようとか。。というのが第一選択肢になるのはよく分かります。
CR充填処置は欠けたりするので、あまりもちません。
うちはメンテナンス歯科が専門で、3ヶ月毎とかにPMTCにいらっしゃるので、
患者が気がつかない不具合も発見できるチャンスがあります。
それでCR充填処置が第一選択ですが、
ふつうの歯医者はそうもいかないでしょうから、
神経とって被せれば、とりあえず10年は持つでしょう。。後はしらね。。(?)
ということは、もう100年も続いてきました。
CR充填も最近は安定性が増していますので、けっこういいと思いますけどね。
術前
IMG_5705-26.JPG
で、咬合面から虫歯にアクセス、トンネリング技法です。
軟化象牙質が見える。
IMG_5706-26.JPG
マージン付近の接着面の軟化象牙質は十分に削除する。
IMG_5708-26.JPG
アパタイト系履装セメントに抗菌剤を入れて、
IMG_5710-26.JPG
充填完了
IMG_5713-26.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.