歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯・再植術シリーズ4

2019/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今、アメリカに住んでいるおばちゃん夫婦が日本に遊びに来ているんですね。
ついでに歯科治療。。アメリカは医療費が高いですから、
旅費を払ってでも日本で治療する方が、はるかに安くつきます。
TPPに加入するとそうはいきませんが。。

2週間での突貫工事でおじちゃんは3本のブリッジとクラウン1個を作り替えました。
3本目のブリッジは今日歯が折れていることに気が付いて、
作り替える決断をしたのが今日の夕方、
カタドリから始めて、さっき出来上がりました。
#後ほどアップ予定。
連続の作業で8時間程かかるようです。
これが、日本では保険で作ると材料費込み込みで、3万円しません(自己負担金はその30%)。
時給2000円です。まあ、したくはないですね。
アメリカでは10倍の30万でもできませんよ。

TPPに参加すると、アメリカと同じにするように圧力がかかります。
医療費が安いのは非関税障壁だ、、アメリカの保険会社が訴訟を起こし、
その訴訟はアメリカ国内で審議され、日本が勝訴することはありません。

覚悟してください。
大方の歯医者はTPP参加を心待ちにしています^^;

で、今日の本題。
おばちゃんは下顎は左右とも567番欠損で義歯が入っています。
その拘歯の左側4番は歯根破折、
右下4番はポストごとダツリしていました。
(これは再接着でクリヤしました)
最後の歯に負担がかかり易いですので、
よくあるパターンです。

左側4番は抜歯・再殖術をしてみることにしました。
その術式です。
レントゲンでは破折しているように見えます。
1111021000-21.jpg
IMG_8351-20.JPG
抜歯してみると、3ピースに分離しています。
IMG_8352-20.JPG
IMG_8353-20.JPG
きれいに清掃して、
IMG_8355-20.JPG
接着剤で貼り合わせて、
IMG_8357-20.JPG
IMG_8356-20.JPG
抜歯窩に再挿入
IMG_8363-20.JPG
IMG_8365-20.JPG
接着剤で隣の歯に接着固定後、上皮が侵入しないように仮封材で覆う
IMG_8367-20.JPG
IMG_8368-20.JPG
2週間後、今回は時間もないので、
クラウンごと削り出してコーヌス義歯の内冠風に仕上げ、
義歯に外冠風に歯をレジン+CRで作製しました。
IMG_9049-20.JPG
IMG_9048-20.JPG
IMG_9050-20.JPG
IMG_9051-20.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.