歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その37 (4)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、2、3年前に作製した(うちではないです)左下5番のメタルインレーだが、
PMTCのときに歯科衛生士に2次カリエスを指摘されたので、
こちらにまわってきました。
IMG_9232-1.JPG

舌側のマージン付近にダイアグノデント値85と出ていました。
見かけは問題なさそうなのですが、
エキスカベータでひっかけると、簡単にダツリしました。
失活歯(神経は取ってある歯)で、
硫化鉄と思われる黒色物質が付着している部分がセメントが効いていなくて隙間になっていた部分。
メタルインレーでも2、3年しか保たないこともあります。
一番多いと思われる原因はセット時の接着面の乾燥不良などが考えられますが、
はっきりしているわけではありません。
各工程には不確定要素がたくさんあります。
IMG_9231-2.JPG

歯肉縁下のフィニッシング・ラインですが、ふつうのフォーミング・ストリップスを使ってCR充填しました。
IMG_9235-3.JPG
IMG_9237-4.JPG
IMG_9238-5.JPG
IMG_9239-6.JPG
IMG_9240-7.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.