歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その40

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代男性、左下7。

メタルインレーの再治療症例。
10年以上経過していると思われ、
これもセメントの接着性は失われているが、
2次カリエスにはなっていない。

要するに、メタルの1級窩洞はセメント層が崩壊しなければ
金属~歯質間にガルバリック電流(腐食電流)も流れないし、
隙間腐食もないので、セメントの接着性は関係なく、
長持ちするということか。

外側性の2級窩洞は咬合力でたわみ易く、
しかもそのたわみは歯肉縁に近いところに集中する。
その部分は比較的低酸素領域で、プラークも多く、金属腐食の好条件がそろっている。

IMG_1493-1.JPG
IMG_1496-2.JPG
黒色物質の同定はまだ済んでいないが、酸化物にしろ、硫化物にしろ、
虫歯の電気化学説的には、虫歯の進行阻害因子と思われる。
IMG_1499-3.JPG
IMG_1497-4.JPG
IMG_1498-5.JPG
IMG_1500-6.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.