今日の充填治療336(中級編)

   

30代女性、右下7、インレーダツリ

調整している時に判りましたが、
右側が犬歯誘導が機能してないので、臼歯部が側方運動時にも当たっている。
インレーはダツリしやすいと言える。

セメントはかなり以前から利いていなかったが、隙間が十分に狭く嫌気性細菌が優勢だったので、助かっていた。

覆とうセメント

調整後。側方運動時に滑走する。

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療