今日の何やっているの?シリーズ328

      2017/03/17

残根上のCRコア 2題

CRコアに限らず、歯根にはメタルやファイバーポストを入れてコアを作るというのが定番ですが、
根が短過ぎて、ポストを入れるのは無理、入れても歯根が破折するだけで無駄、という症例はあるわけです。
うちは予防歯科をやっている手前、いくら残根とはいえ、「・・抜くしかありません。」などとは決して言えません。。患者さんは残根でも歯!と思っていますので、抜くなんていうと怒られますw

そんな残根でも保存は可能で、こんな症例でもあっさり5年とかもつのです。
むしろポストはない方が長持ちするのです。
維持はディンプルでOKです。

1、40代女性、左下5、ペラペラの歯根

before

on the way

after

2、50代女性、右上7、3つに分裂してる歯根。普通は保存不可能につき抜歯症例です。でも、保存可能なんです。100年前の材料を前提とした考え方に拘っている限り無理ですが、現代の歯科材料の性能はすばらしい。メンテナンスの技術も進歩しています。その性能・技術を生かすには、新しい発想が必要なのです。

before

on the way

after

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ