歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その44 (4)

2019/03/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代男性、左下7。

以前から、凍みるとか、咬んだら痛い等の歯髄、歯根膜症状を訴えられる方で、
外傷性咬合の疑いがあったのですが、
まだいいだろう。。とナイトガード等の対応を先延ばしにしていたところ、
とうとう歯冠が破折してしまいました。

年末にPMTCにお見えになったとき、凍みるような気がするということでしたが、
今回もよくなるだろうと考えていたところ、
一昨日食事中に割れたような音がしたそうです。
それ以降、凍みるだけではなくて、咬むと痛い、乳歯が抜けるときの感じがしたということで、
急遽来院されました。

IMG_00041-1.JPG

とりあえず、補強のためにCKを作ろうと形成し始めましたが、
ばっくり割れていました。
IMG_0005-2.JPG

破折片を除去すると、神経が見えていましたので、
IMG_9460-2.5.JPG
IMG_0008-3.JPG

局所麻酔下で髄腔からはみ出ていた歯髄を電気メスで除去し、
α-TCPセメントで直接覆髄して、
CR充填しました。
形成、印象(型取り)は続行して次回CKとナイトガードセット予定。
ご本人はちょっと凍みるので神経を残すのは無理かな。。とおっしゃっていました。
とりあえず、抗生物質と痛み止めで経過観察。
凍みる等の歯髄症状が止まらないときは、歯髄の部分切除か、全摘か、症状しだいです。

IMG_0009-4.JPG
IMG_0010-5.JPG
IMG_0014-6.JPG
IMG_0016-7.JPG

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.