歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

咬合面カリエス発生実験装置(案) (2)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

もし、電気化学説による方法で虫歯を再現でき、
虫歯の電気化学説の正当性が認められれば、
(まあ、歯牙の電導性とイオン化傾向が測れる時点で当然なのですけどね)
歯科医療の全てがひっくり返ります。

電気化学説による虫歯予防法は金属腐食を防ぐ方法と同じになりますので、
すでに確立しています。
マイナス電位を与えることと、弱アルカリ性にすること、だけです。
電気化学的には耐酸性を増すというのは的外れな対策(誤りではないが)で、
フッ素塗布は完全に誤った方法でしかないのです。

今の所、実験的には歯牙表面のいわゆる脱灰という状況までしか再現できていないようで、
(しかもこれは酸に溶けているわけではない、ここを参照)
これは虫歯菌が出す酸によって虫歯はできる、、ということに拘っているからです。

電気化学説を使えば細菌を使わずに再現できるはずです。
代表的な細菌が腐食に及ぼすファクターは酸素濃度勾配を作ることと酸を産生することですので、
これは外部的に条件設定が可能です。

どなたかご興味のある方はやってみてください。

咬合面の虫歯は2段階で進行します。
まずエナメル質だけの虫歯、これは微生物腐食といって、酸に溶けるわけではなく、酸素濃度勾配によって起こる通気差腐食です。

次がデントエナメルジャンクション(DEJ:象牙エナメル境界)に届いた後です。
ここに虫歯が達すると急速に、しかも象牙質だけに急速に進行しますが、
現代歯科医学では理由が分かっていませんので、
未だ再現できていません。

一般には単純にエナメル質より象牙質の方が酸に弱いと考えられているようですが、
別々に酸で溶かす実験をしてみると、大して変わりません。
両方溶けます。象牙質だけ溶けるということはありません(溶けるというより有機物だけが残りぶよぶよになり、さらに溶けるとどろどろになる)。

しかし、電気化学説に立脚すれば簡単に説明ができます。
イオン化傾向を測る実験によるとイオン化傾向は象牙質>エナメルです。
酸性電解質に浸ると象牙質がマイナス電極にエナメル質がプラス電極になる電池が形成されるのです。

で、マイナス電極が溶けます。つまり象牙質だけが溶けるのです。

実験的にはこの状態を再現すればよいことになりますので、
方法論としては数々考えられるわけですが、

具体的には第3のプラス電極をDEJに埋め込み、
全体を酸性溶液に浸し、
マイナス電極は酸性溶液を入れたステンレス容器に接続します。
ただ、電圧は象牙質とエナメル質のイオン化傾向の差を利用して、
象牙質だけが溶けるように微妙にコントロールする必要があります。

要するにこれは電解研磨として工業分野では実用化されている方法です。

IMG.JPG

以前似たような実験をしたことがありましたが、
電圧を高くし過ぎて全部溶けてしまいました。^^;

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/?PageId=0&ctgy=23

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.