歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

予防管理失敗例2 (6)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

8歳男子、下顎左右6の頬側面溝ウ蝕。

下顎左右6の頬側面に虫歯がよくできるが理由はなんだろうか?
歯学部では部位特異性?とかなんとか真しやかに名前を付けていますが、
はっきり言って解っていません。
まあ、原因は奥の方なので歯ブラシがとどき難く、
溝のプラークを磨き残して、
さらにほっぺたが被っていて唾液が掛かり難いので、できた酸を洗い流せない、から。
ということで、ここはフッ素をよく塗りましょうね、、
なんてことでお茶を濁していますが、
なんとも非科学的です。

「虫歯の電気化学説」によれば、もう少しましな?説明ができます。
磨き残しているのはこの部位だけではないので、
ちょっと変だな?と思われる方も多いと思います。

虫歯は酸性で進行し易いのは、
「虫歯の電気化学説」によれば虫歯は金属の錆、腐食と同じなので当然なのですが、
通常は過大な酸は唾液によって中和されます。
要するに重炭酸イオンというのが唾液には含まれていて、
極端に酸性やアルカリ性に傾かないようにしているのですが、
この生体内pH維持機構を「重炭酸緩衝系」と言って、
医療関係者なら生理学等でアシドーシスがどうとか、と言って、勉強しているはずですので常識だと思います。

この重炭酸イオンというのが「重曹」ことなのです。

このことを知っているはずなのに、
では、酸性で歯が溶けるのなら「重曹」を補給してやろうという考えが出てこないのは不思議なことです。

「重曹」は元々生体内で重要な働きをしている物質なので、
フッ素と違い無害です。
しかもフッ素はハロゲン族ですので、金属の腐食(Caの陽イオン化)を促進する。
要するにフッ素は毒物の上に歯(Ca化合物)を溶かすので、
少なくとも、虫歯にフッ素を塗るのは止めた方がよい。
経験によれば、よけい虫歯がひどくなります。

その「重曹」で唾液の中の重曹成分の数倍の濃度の重曹水(500mlペットボトルに小さじ軽く一杯)を作り、
飲食後pHが低くなるときにうがいして瞬時にアルカリ性ににしておくことの方が、
出来てしまった虫歯には非常に有効ですね。
もちろん虫歯が出来る前もです。

「重曹うがい」をしばらくすると、
虫歯が出来ていてもレントゲン画像では、虫歯の穴が写らなくなります。
ここを遡って探してみてください。
歯科の常識的には有り得ないことが起こっていますから。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/?ctgy=23

ちょっと重曹の話が長くなりましたので、
話を元に戻すと、

電気化学説的には下顎6番の頬側面溝に虫歯が出来易いのは、
ほっぺたに隠れ易いので唾液中の重曹成分(重炭酸塩)が掛かり難いので、
pHが上がり難い(いつまでも酸性のまま)、というのが1つ。

もう1つは、口腔内でも奥の方(遠心)やほっぺた、口唇で隠れるところが虫歯になりやすい。
それは唾液が掛かり難い他に、
酸素濃度が相対的に低くなりやすいからです。

古くから酸素濃度が低い所の方が、高い所に比べて金属の腐食が起こり易いという現象が知られていて、
酸素濃淡電池とか通気差腐食と呼ばれています。
これが口腔内で起こるわけです。

前回の上顎5番の遠心の隣接面カリエスでもそうですが、
同じ歯でも遠心(酸素が相対的に少ない奥側)が虫歯になりやすいのはその所為です。
決して磨き難いからではないのです。

この症例の場合、2年程は経過をみましたが、
ウ窩(虫歯の穴)が2mm弱と深くなり、またかなり広範囲に広がったので、
予防管理を諦めました。

しかし、CR充填しましたが、一切削っていません。
次亜塩素酸で清掃しただけでCR充填処置をしました。
削っていないので、穴を埋めるだけではなく、カバーしています。

従来の歯科治療の常識的には有り得ない処置ですが、
それは虫歯は感染症という思い込みが強いので、
感染歯質(じつは位相差顕微鏡で軟化象牙質を観察してもバクテリアはほとんどいません)を完全除去しないと再発すると考える歯医者が多いからですが、
電気化学説的には誤りです。

虫歯は感染症ではありません

例えば虫歯菌のワクチンを作ろうという試みは徒労に終わるはずです。

ウ窩は酸性電解質に満たされ、エナメル質が+極、象牙質がー極になる腐食電池を形成しているので、
バクテリアの有無には関係なく、象牙質が一方的に溶けます。
しかも、酸素濃度の低いウ窩の深い所程溶けます。

電気化学的な処置としては、ウ窩を埋めてしまい、電解質が溜まらないようにするだけです。
これで虫歯の進行は止まりますが、CRが剥がれたら虫歯がまた進行する可能性はありますので、
定期管理は必要になります。
それは削る治療をしても同じでしょう?

IMG_0069-l.JPG

IMG_0072-l-1.JPG

IMG_0070-r.JPG

IMG_0073-r-1.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.