今日の2次カリエスシリーズ77

   

7歳男子、左下D、2次カリエス、自発痛+

しばらく前から痛くて左側ではご飯が食べられないということで、急遽CR充填しました。
このCR充填は数年前、僕がしたものですが、接着剥がれが起こって2次カリエスになったようです。

レントゲン写真でもCRと歯質との間に透過像(大きな隙間)が見える。

CRを除去してみると、露髄していて歯肉息肉も隙間に入り込んでいる。
これは痛かっただろうと思う。

しかし、こういう症例を見ていると、露髄していて歯髄が外部(口腔内)と交通していても、そう簡単には感染して壊死したりはしないものだと改めて思い知らされる。

歯科保存学の教科書的には歯髄の保存は絶望的という診断になるが、そんなことはない。

今日は先程まで技工作業をしていて眠たいので、続きは明日にでも。。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の2次カリエスシリーズ, 若い子の歯科治療シリーズ