後天性開口2

   

40代女性、後天性開口、右下奥歯の外傷性咬合

ここでご紹介する症例は後天性開口の原因が判った世界で初めて(たぶん)の症例報告です。

開口(オープンバイト)というのは臼歯部だけが接触していて、
それより前方は咬合しない咬み合わせをいうのですが、
色々と問題が出ることが多いようです。
奥歯だけしか噛んでいないので、その歯が破折したり、虫歯になったり、歯周病が悪化したりします。もちろん咀嚼効率は悪くなります。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-3979/

長期にわたり定期管理を続けていると、それまで開口でなかった人が開口になったり、また治ったりする例を見かけるのですが、その理由ははっきりしませんでした。

数年前から右奥歯が痛いというので、外傷性咬合と判断して補強冠を入れたり対症療法を試みていましたが、今回明らかに咬んでいないので、

どうにかしなくては、と思い、咬合をチェックしてみました。
確かに右奥歯が強く当たっているので、この部分を削合してみました。

すると、
咬んでいなかったのが、

咬み始めました。
CRが摩耗しているところと犬歯誘導がなくなっているところはCRで補正しています。

反対側の左も、咬んでいなかったのが

左側は特に何も調整していないにもかかわらず、咬み始めました。
左下5はCRの摩耗と判断して盛り足しています。

調整しながら患者さんに訊いてみたのですが、やはり右側を下にして横寝しているそうです。
横寝やうつぶせ寝の癖がある人は矯正治療が上手くいかないというお話を以前しましたが、開口の原因にもなるのです。

頭の重さで歯列もしくは顎骨が変形するのですね。

こういう癖のある方はお気を付けください。
頭の重い人間は仰向けで寝るのが正解ですw

 - 歯科未分類, 削らない・抜かない歯科治療, 外傷性咬合