今日の何やっているの?シリーズ333

   

80代男性、右上6、外傷性歯冠破折、
年を取っても硬いものが好きという食べ物の嗜好というのは変わらないので、
歯医者としては苦労するわけです。

硬いものは避けてください、歯が割れますよ、抜歯になりますよ、、と言っても、
なかなか聞いてくれない。

仕方がないので、補強冠などの対症療法に頼らざるを得ないわけです。

食事中に突然歯が欠けた、欠けた歯は口の外に出したような気がするが、よく分からない。。
80歳にもなるとそんなものです。
というか、80歳にならなくても似たようなものです。

歯槽骨の補強効果により、歯冠部だけが破折していて、歯根は破折していない。
今回はラッキーではあるが、安心はできない。
クラックがいろんな方向に走っている。

露髄していないようなので、痛くはないということでしたが、
念のためα-TCPセメントで覆とうする。
破折面にはディンプルを形成してCRが脱離しにくくしている。

口蓋側

とりあえずCR充填して

口蓋側

補強冠の印象をした。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ, 外傷性咬合